2012年8月13日月曜日

女子達の怒り





Kim 「ねぇ、聞きました?昨夜、盗撮した男性が捕まったそうですよ。」

Lauren 「あぁ〜、隣町のA男って奴だろ?」

Janelle 「盗撮って犯罪ですもんね〜。」







Lucia 「あぁ、あのニュースか。犯人、捕まって良かったよなw」

Janelle 「最近の世の中、怖いですもんね〜。」







Kim 「ですよね〜。」

Kenna 「女がもっと暮らしやすい世の中になって欲しいよね。」

Lucia 「全くだ。」







客 「・・・・うぉっ、やべぇ。」

客2 「ん?・・・何見てんだ?」

客 「・・・・・自分で見な。」







客2 「どれ?」

客 「一番上にある奴。」







客2 「これって・・・・あの子達だよな?」

客 「あぁ・・・。やべぇだろ?」







Lauren 「あのー、さっきから『ヤバイ、ヤバイ』って何ですか?」







客 「・・・・・見ないほうがいいよ。」

Lucia 「はあ?何でだよ。」

Janelle 「見せて頂けます?」

客2 「・・・・・でも。」







Kim 「とにかく確認させて頂きますね。」

客 「・・・・・・・・。」

客2 「・・・・・・・・・。」







Kim 「・・・・・・・これって・・・。」

Lucia 「・・・・・は?」



――――――――――――――――――――





Lauren 「なるほど。あたし達が盗撮された写真が載ってた訳か。」

Kim 「・・・・・・はい。」







Kim 「あんな写真・・・・酷いです。」







Kenna 「そうね・・・。まさか自分が盗撮されるとは思わなかったわ。」

Janelle 「何とかしなければなりませんわね。」







Lucia 「まあ・・・・。犯人の目星は大体付くけどな。」

Lauren 「あぁ。あいつだな。」







Janelle 「どうします?シバきます?」

Lauren 「嬢様がそんな事言っていいのかよw」

Janelle 「もちろんですわ。」

Kenna 「・・・・今回のはマジで怒りました。」

Kim 「私も・・・許せないです。」

Lucia 「・・・・・まずは証拠だな。」